カタログギフトのデメリット

引き出物や内祝いに人気のカタログギフト

もらった側が好きなものを選ぶことができるカタログギフトは、内祝いや結婚式の引き出物などに人気があります。もらった時の自分の欲しいものに合わせて選ぶことができますし、体験型のギフトなどもあって選ぶ楽しみもありますよね。しかし「ほしいものがなかった」「交換しないままにしてしまった」という方も少なくありません。 カタログギフトは、価格帯や掲載されている商品の種類によってアイテムが違い幅広い商品展開がされていますが、もらった側が欲しいアイテムが掲載されているとは限りません。一方で、掲載されている商品が多すぎてすべての商品に目を通しきれないという方もいらっしゃいます。また、カタログギフトは送料などのシステム料金が上乗せされているため、割高に感じられることもデメリットの一つと言えます。

注文手続きを自分でしなければならない

カタログギフトは幅広いニーズに応えられるように商品展開されていますが、贈られた側が商品を選ばなくてはいけないため、ギフトとして気持ちがこもっていないと感じる方もいらっしゃいます。また、贈られた側が選ぶというシステムは、贈られた人が注文の手続きを自分でしなければなりません。注文手続きはハガキやインターネットを利用することになりますが、その手間が面倒だと感じる方も少なくありません。中には注文に手間取ったり手続きを後回しにしてしまい有効期限を過ぎてしまうケースも見受けられます。有効期限を過ぎてしまっても業者によっては対応できるところもあるので、有効期限が切れてしまったカタログギフトがある場合は問い合わせてみましょう。