タイミングを考えて相手に贈るようにする

カタログギフトを贈るタイミング

カタログギフトは贈った相手側が好きな商品を選ぶことができるので、相手のニーズに合わせられます。最近では、物だけでなく体験ギフトなどカタログギフトの種類も増えており、手に取る機会も増えているのではないでしょうか。とても便利なカタログギフトですが贈る際に気を付けるべきポイントがあります。まずは、カタログギフトの使用期限です。いつまでも交換が可能というわけではなく、使用期限が設定されている商品が一般的です。長くても1年、短いと3カ月や半年の期限が設定されているものもあります。贈った後にすぐに海外に長期間行く用事がある方などは交換するタイミングを逸してしまう可能性があります。カタログギフトを贈る際は相手がその後カタログギフトを使うチャンスがあるかも配慮して贈るとよいでしょう。

カタログギフトの注意点

カタログギフトの交換方法にも注意が必要です。インターネットで注文できるものもありますが、専用はがきを利用したり、体験プランだと直接施設に電話申し込みが必要になるパターンもあります。例えば仕事が日々忙しい方だとなかなか電話をかけるのは難しい可能性が高いです。また発送が必要なギフトの場合、注文してから手元に届くまで1か月以上かかるパターンもあります。退職祝いや結婚祝いにカタログギフトを、と考えたときに海外へ移住するケースなどはあらかじめ早めにカタログギフトを渡しておくか、カタログギフト以外のプレゼントを検討する必要があります。相手の都合にあったカタログギフトを選べると、相手により一層喜んでもらえるでしょう。